気になるワキガや多汗症、ミラドライで治せる!

2016年8月26日

ミラドライっていったい何?

気になるワキガや多汗症、治したいけれど汗腺を切る手術なんて怖い…と思っていませんか?ワキガや多汗症の治療は、切るだけではないのです。ミラドライは水分に反応するマイクロ波をワキに照射して、熱で汗腺を破壊するものなので、切らずに治療することが出来ます。傷痕も残りませんし、効果も半永久的に続くので安心です。ワキガや多汗症でなくとも、汗ジミなどが気になるという人にもオススメ。ワキガの原因となるアポクリン腺が多い可能性があるからです。

ワキガと多汗症の違い

ワキガはワキや陰部などにあるアポクリン腺から分泌される汗の成分が、常在菌に分解されて臭いを発するもの。多汗症は全身にあるエクリン腺から大量の汗が出るもので、それぞれ原因も症状も違います。ミラドライは照射場所を変えることが出来るので、浅いところにあるエクリン腺を破壊、深いところにあるアポクリン腺を破壊、というように、症状に応じた治療が可能です。エクリン腺は手術で除去しにくいため、ミラドライは特に、多汗症の治療に効果があります。

副作用やデメリットは?

照射中は麻酔と冷却が行われるので、痛みや熱さを感じることはほとんどありませんが、照射後に赤みが出たり、腫れたりすることがあります。しかしこれは一時的なもので、時間がたてばおさまっていきます。施術自体は30分と短時間で、照射後の運動などは避けるべきですが、手術のように体に負担がかからないので、普通に動くことが可能です。人によって効果に差がありますし、クリニックによる差もありますが、安全性の高い治療方法と言えるでしょう。

ミラドライは手術による方法ではなく、マイクロ波を照射することで汗腺に働きかけて破壊し、ワキガや多汗症に効果が期待できる方法です。

ミラドライの超音波で調べる